作者別: admin

オメガ3系脂肪酸を含むものやグレインフリーのペットフードを選ぼう

オメガ3系脂肪酸が含まれるかどうかも選ぶ際のポイントになります。オメガ3系脂肪酸が含まれるペットフードを選択する利点として、抗炎症作用や抗癌作用などを期待できることです。全ての猫が発症することはありませんが、炎症や癌にならないように食事から予防を始めたいと考える飼い主さんは少なくありません。

オメガ3系脂肪酸が含まれるキャットフードは抗炎症、抗癌作用を期待でき食事からサポートできる可能性があります。また、オメガ3系脂肪酸が含まれるものは関節の痛みや毛艶を保つ効果を期待することもできます。

グレインフリーという言葉は、猫を飼っている人であれば一度は聞いたことがある人も少なくないでしょう。グレインフリーとは「キャットフードに穀物が一切使用されていません」という製品のことです。(参考|穀物不使用キャットフード【MogNyan】

穀物を吸収することは猫は不得意なため、穀物の量が多いとその分体に負担をかけることになります。また、アレルギー反応を引き起こす猫もいるので、飼い主さんの中には穀物を避けて購入している人は少なくありません。穀物には、小麦などを挙げることができます。グレインフリーのペットフードを購入すれば消化をサポートすることや、アレルギー対策をすることができる可能性があります。

このような点を参考にして飼い猫に適切な成分が含まれるペットフードを選択してみてはいかがでしょうか。

タンパク質の割合が高いペットフードを選択しよう

タンパク質の割合が高いペットフードを選択することも選び方のポイントになります。タンパク質の割合が高いペットフードは少量食べるだけで体に必要なタンパク質を摂取できる可能性があります。実際にシニア猫のペットフードをタンパク質の割合が高いものに変更する飼い主さんも少なくありません。

シニア猫は子猫とは異なり、食欲があまりない猫も珍しくありません。例えば10歳を超えると一日中寝ている猫も多いので子猫の時のように食事を要求しなくなる猫は珍しくないでしょう。もしそのようなシニア猫に必要タンパク質を摂取してもらうために多めのペットフードをお皿に盛っても、最後まで食べきることができない可能性があります。食べきれないので必要なタンパク質を摂取することができずに食事のサポートが十分でなくなる可能性もあります。

シニア猫だけでなく筋肉などの体作りをしなければならない子猫にもタンパク質の割合が高いペットフードを与える飼い主さんも多いです。

高タンパク質が魅力のペットフードはたくさん販売されていますので、購入できる人が多いですが高タンパク質なだけでなくそれが良質かどうかも把握しておくことが求められます。良質なタンパク質でなければ逆に負担をかけてしまう可能性もあります。

プレミアムフードを選ぼう

キャットフード選びに何が必要かはある程度知っている方もいるかもしれませんが、その中でも安全性は重要です。人間の食材とは違って猫たち動物の食材にはそれほど厳しい規制はかかっていません。その為、中には安全ではないキャットフードもあります。人間の食べる食材よりも気を使ってキャットフードは選ばなければならないということを頭に入れておきましょう。

では、具体的に安全なキャットフードを選ぶためにはどうすればいいのかですが、まず基本中の基本は人間でも食べられる品質であるかどうかです。実際に人間が食べられないキャットフードもたくさんありますが、中には人間でも食べられるキャットフードも開発されています。具体的に人間に食べられないキャットフードは、禁止がされている添加物や低ランクの肉類が含まれているものです。

これらが含まれているのと含まれていないのとではキャットフードの質が変わります。当然ながら使用されていない人間でも食べられることができる品質の方が栄養素も高く安全なキャットフードなので猫にとって安心で安全なキャットフードを選びたいならプレミアムフードなど人間が食べられるレベルのキャットフードを選びましょう。

実際に見極めが難しい場合は原材料などをチェックすれば何が含まれているか見ることができるので、キャットフードを買う時には必ず原材料の確認は忘れないようにしましょう。