オメガ3系脂肪酸を含むものやグレインフリーのペットフードを選ぼう

オメガ3系脂肪酸が含まれるかどうかも選ぶ際のポイントになります。オメガ3系脂肪酸が含まれるペットフードを選択する利点として、抗炎症作用や抗癌作用などを期待できることです。全ての猫が発症することはありませんが、炎症や癌にならないように食事から予防を始めたいと考える飼い主さんは少なくありません。

オメガ3系脂肪酸が含まれるキャットフードは抗炎症、抗癌作用を期待でき食事からサポートできる可能性があります。また、オメガ3系脂肪酸が含まれるものは関節の痛みや毛艶を保つ効果を期待することもできます。

グレインフリーという言葉は、猫を飼っている人であれば一度は聞いたことがある人も少なくないでしょう。グレインフリーとは「キャットフードに穀物が一切使用されていません」という製品のことです。(参考|穀物不使用キャットフード【MogNyan】

穀物を吸収することは猫は不得意なため、穀物の量が多いとその分体に負担をかけることになります。また、アレルギー反応を引き起こす猫もいるので、飼い主さんの中には穀物を避けて購入している人は少なくありません。穀物には、小麦などを挙げることができます。グレインフリーのペットフードを購入すれば消化をサポートすることや、アレルギー対策をすることができる可能性があります。

このような点を参考にして飼い猫に適切な成分が含まれるペットフードを選択してみてはいかがでしょうか。

About the author