タンパク質の割合が高いペットフードを選択しよう

タンパク質の割合が高いペットフードを選択することも選び方のポイントになります。タンパク質の割合が高いペットフードは少量食べるだけで体に必要なタンパク質を摂取できる可能性があります。実際にシニア猫のペットフードをタンパク質の割合が高いものに変更する飼い主さんも少なくありません。

シニア猫は子猫とは異なり、食欲があまりない猫も珍しくありません。例えば10歳を超えると一日中寝ている猫も多いので子猫の時のように食事を要求しなくなる猫は珍しくないでしょう。もしそのようなシニア猫に必要タンパク質を摂取してもらうために多めのペットフードをお皿に盛っても、最後まで食べきることができない可能性があります。食べきれないので必要なタンパク質を摂取することができずに食事のサポートが十分でなくなる可能性もあります。

シニア猫だけでなく筋肉などの体作りをしなければならない子猫にもタンパク質の割合が高いペットフードを与える飼い主さんも多いです。

高タンパク質が魅力のペットフードはたくさん販売されていますので、購入できる人が多いですが高タンパク質なだけでなくそれが良質かどうかも把握しておくことが求められます。良質なタンパク質でなければ逆に負担をかけてしまう可能性もあります。

About the author